スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三線の選び方

 三線の弾き方みたいなことを動画撮る前に、三線の選び方の話からしておいたほうがよさそうかなと思います。この質問、結構多いです。楽器そのものは確かに安いものではないので、迷う気持ちはよく分かりますが、かなり答えにくいのも事実です。

 一言で表現するなら

「予算内で自分の納得できるものを買いましょう」

 という禅問答のよーな、分かったような分からんような不思議な答えになります。

 まず予算ありき、というのは確かですが、初心者さんに勧める三線には何十万もするものは通常ありません。常識的に2万以上5万以内くらいじゃないかなと思います。こないだ某三線店のおっちゃんが言ってたことは、
「沖縄で、職人がちゃんと手仕事でやってる三線は最低でも3万よネ」
でした。それもその通りです。そこの店で1万8千円の三線ありましたが、確かにそうだネ(ノ∀`) って感じの音です ※1万8千円の音だから弾いてみれと言われた

 話を戻します。

 初心者さん向けの三線で、まず大きく値段に関わるのは皮です。皮の説明からしていくほうがいいかなと思うので、まずはそこから。
 三線が欲しいと思って通販のサイトなんかを見始めると、初心者セットなんかで色々あるのはすぐわかるはず。たとえば

・与那原型 カマゴン 人工皮

だとか

・真壁型 ユシ木 強化張

だとかの、三線のスペックが書いてあったりします。与那原や真壁というのは三線の形。カマゴンやユシは棹の木の種類、そして人工皮や強化張というのが皮の種類です。
 特に記載がない場合、安価な初心者セットは形は真壁型が多く、木はユシ木が多いです。細かく言い始めると三線の型や棹の材質で音は変わるものなのですが、そんなの初心者の頃から聞き分けができたらすごすぎるので、最初の三線で気にするのはまず第一に皮です。

 皮は大きく分けて3つ。人工皮・本皮・強化張りの3種です。特徴ごとに分けて解説します。


人工皮
 ナイロン製の布に蛇皮柄をプリントしたものを胴に張ってあります。蛇皮の柄が苦手な人用に、花や沖縄風の柄をプリントしたものもあります。
 音は高く、くっきりと響きます。特に高音になると甲高さが強く出るため、「キンキンなる」と表現する人がいるほどですが、音は強くしっかりしています。蛇皮独特の柔らかく抜ける音は苦手です。
 メンテナンスが必要なく、破れる心配もまずありません。扱いが非常に楽です。海外へ問題なく持ち出し・持込できるのも人工皮です。


本皮
 蛇皮が胴に張られています。ウロコあります。苦手な人は注意です。
 音は柔らかく、人工皮に比べたら弱いですが、三線らしい音が鳴ります。皮の張り方によって高めを強く出せたり低めをしっかり出せたりしますが、その違いが分かるようになるまでは少しかかると思うので、最初はセット品で十分です。
 基本、毎日弾いてあげてください。手の油で十分にメンテナンスになります。手が回らないときは半年に一度くらいでいいので油を塗ってあげてください。塗るといってもティッシュにしみこませたものでゆっくり、ウロコの流れに沿ってなでてあげる感じで大丈夫です。海外への持ち出し・持込は出来ないと考えたほうがいいです。
 また、皮1枚張ってあるだけなので、破れることがあります。数年に1度は張り替えることになります。


強化張り
 本皮は破れやすい。人工皮は音がどうも……という欲求に応えて出来たのがこれです。特殊な布を張った上に蛇皮が張られています。本皮の下に布が張られている形なのでウロコあります。
 音はやや籠もる、曇るという人もありますが、三線屋さんの努力で最近はかなり近くなってきています。メンテはめんどくさいけど人工皮の音はどうも好きじゃないって人はこのあたりが現実的なラインかと思います。
 海外への持ち出しは本皮と同様厳しいです。
 破れたという話は私は聞いたことがないんですが、あるようです。しかし本皮と比べて圧倒的に少ないため、やはり「強化」であることは確かですね。


 金額は 本皮>強化張り>人工皮 です。実際の音の違いは引き比べてみることが一番ですが、沖縄でもない限り、まず三線屋さんが少ないため難しいかもしれません。試聴できるところもいくつかあるようなので、そういうところを探していくのがベターかもしれません。
 関東の三線屋さんはいくつかありますし、わしたショップでも置いてるようですので、まずは触ってみて、音の感じを聞いてみてください。その音で、3万円で、納得できるならそれでいいと思います。納得できないなら他の店を回るべきです。
 一般的に、人工皮よりは本皮・強化張りのほうが三線らしい、柔らかな音を出します。しかし値段もそれにあわせてややあがります。値段と音のバランスで、自分で納得できるものを選ぶのが一番重要です。

 また、3万ほどの三線ではどこで買ったとか棹は何だとかの差はあまり感じられません。それよりは皮の違いで大きく音質が変わることが理解できるはずです。試し弾きしてみて人工皮や強化張りや本皮の特徴が掴めたら通販で探してみるのも悪くないです。
 三線は安い買い物じゃありません。三線屋さんは大抵、試し弾きOKです。ダラダラ半日遊んでいく人もいる世界です。まともな三線屋さんは他の店も回って来いといいます。沖縄で買おうと思ってる人は、絶対に何店か回ってくださいね。


 以下は余談。


 棹ですが、長じて三線のよいものを突き詰めていくと、値段は実は皮ではなく棹で決まってくるほど重要です。皮と棹のどちらが重要か、という質問は、両手をパンって打ってみて、右手と左手とどっちが鳴ったか? と聞くようなものという記述を読んだことがあります。しかし、あえていうなら棹だとも書かれていました。そして、棹によって音が変わることは確かです。
 
 八重山黒木だとかカマゴンだとかカリンだとか、変り種だとローズウッドとかヒッコリーだとか……色々ありますが、最上とされているのは八重山黒木です。しかし現在八重山黒木は手に入らないため、かなり高いです。いつかは欲しいけど。
 しかし、聞き分けができるまでは安めの初心者セットで十分です。初心者セットって色々あるようですが、教本やお手本のCDまでついてくるようで素晴らしいですね。私は先生から直接買ったので、本体のみ、人工皮、紫檀で3万円でした。

 私が今使っているのはカリンの強化張りです。ゆるめに皮が張ってあり、音が低く、民謡よりは地謡に向く一本です。地謡なんて全然予定にないんですが、好き嫌いで選ぶと低い音のものが好みなので選びました。ちなみに5万円。
 もう一本、ユシ木の強化張りがあります。これはスタンダードに鳴りますが籠もる感じは確かにしますね。2万円。
 更にもう一本、ウッド三線があります。彼氏の練習用に買いました。確かに本物と比べると音が浅い感じはしますが、コストパフォーマンスとしては素晴らしいです。ちゃんと三線っぽい音を鳴らします。4千円で購入し、その後自分でアロハプリントの布を張って棹をラッカーで茶色く塗りました。遊べるのがいいですねw

 そして今一番欲しいのは……六弦です。  
スポンサーサイト

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。